記念切手の買取相場価格を公開!一番高く売れるタイミングはいつ?

記念切手の買取価格の相場や把握しておきたい売り時を紹介しています。

値下がりしている切手の買取価格をアップさせる方法も解説しているのでチェックしてみましょう。

記念切手は買取で高く売れる?

そもそも記念切手は買取に出せるの?

国家的な行事を記念して発行される記念切手は、切手収集家の中でも人気の高い切手のジャンルです。

記念切手は新旧問わず集めている方も多く、普通切手に比べると高値が付きやすい傾向がありますが、最近の記念切手や特殊切手は日本郵便が大量に発行していることから、切手収集家の中でも集める人が限定されてきています。

近年発売された記念切手は入手しやすいことから特別買取強化はされていないものの、古い記念切手や流通量が少ない切手なら想像以上の値段が付くこともあります。

記念切手は専門家でもない限り価値を正確に判断するのは難しいので、新旧問わずに不要な切手なら査定に出してみるといいでしょう。

高価買取を狙うなら早めの買取が大切

記念切手は種類によっては高値で売れるものの、買取価格が依然と比べて右肩下がりになっている物も中にはあります。

そもそも若い世代に切手収集という趣味が少なくなってきていることから、記念切手であっても買い手が減少しているのです。

そのため、できるだけ高値で売りたいなら価値が高いうちに査定を受けることが重要になるでしょう。

近年発売された切手を、プレミアが付くまでとって置こうと思っている方もいるかもしれませんが、流通量の多い切手にプレミアが付く可能性はかなり低いので、長い間保管しておくよりは状態が綺麗な時に買取に出すのがおすすめです。

記念切手の買取相場価格を大公開!

記念切手は買取価格が高めな物が多い

発行年度や切手の状態によっても買取価格は変わりますが、記念切手の買取価格の相場は1シート300~1,000円程とされています。

高価な物だとバラの状態で1枚数千円、シートの状態で10万円以上で取引されることもあり、切手の種類によって大きく差が出るでしょう。

記念切手に限ったことではありませんが、バラで売るよりもシートの状態の方が高値が付きやすいため、シートのまま保管してある切手は切り取らずに買取に出しましょう。

既にバラしてしまっている場合は、紛失しないようにクリアファイルやジップロックなどにまとめてから査定に出すようにしてください。

こんな記念切手は思わぬ高額査定に!?

記念切手の中でも特に高価買取されている物があり、「大正婚儀記念切手」は2,000円「明治天皇銀婚記念切手」は5,000円とバラ1枚でも高値で取引されています。

他にも、国際文通週間シリーズの「東海道五十三次」は1枚でも500円前後の価値があり、シートなら2~3万円程の買取価格が期待できるでしょう。

また、記念切手に分類されることの多い切手趣味週間シリーズの「見返り美人」は5枚1セットで4万5,000円程、「月に雁」は5万円程の値段が付くことが多いです。

状態が良ければさらに高額査定になることもあるため、所持している方は是非買取に出してみてください。

記念切手を高値で売るための注意点

切手専門の宅配買取サービスを使う

記念切手の買取を検討するのであれば、買取価格が下がりつつある今、できるだけ高い値段で買取ってもらいたいものです。

リサイクルショップや金券ショップでも切手の買取を行っている所は多いですが、基本的に切手専門の査定士がいないため、切手に見合った価値を付けてもらえることはほぼないと考えていいでしょう。

相場以下の値段で買い取られてしまうのが嫌な方は、切手専門の買取店を利用することが重要です。

今はお店まで足を運ばなくても、切手をお店に送るだけで簡単に査定が受けられる切手の宅配買取サービスが注目を集めているので、手軽に切手を現金化したい人は利用を検討してみましょう。

宅配買取にはメリットがたくさん!

宅配買取なら切手を送るだけでプロの査定が受けられるので、時間が無い方やお店までわざわざ行くのが億劫な方にもピッタリです。

切手を査定に出す際の送料や査定料はお店が全額負担してくれるため、お客様には余計なお金が一切かかりません。

希望をすれば無料で出張査定にも来てもらえるので、目の前で査定をしてもらいたいという人は出張査定を依頼するのも手です。

また、宅配買取店はリサイクルショップや金券ショップと異なりお店を構える分の経費を節約することができます。

浮いた経費は切手の買取価格に還元してもらえるので、お店に持ち込むよりも高い価格で買取ってもらうことができるのです。

当サイトでは、切手に精通した査定士が常駐している人気の切手買取店を厳選して紹介していますので、是非参考にご覧ください。

↑PAGE TOP